FC2ブログ

8/19 Setouchi International Art Festival

瀬戸内海に浮かぶ7つの島と香川県高松を舞台にして
行われている瀬戸内国際芸術祭2010。

全部回るには一週間弱かかるらしいのですが、
せっかく実家の目と鼻の先で行われてるので
ちょっと行って見ました。

ぼくが行ったのは直島という所で、
「進研ゼミ」で有名なベネッセの手により
知る人ぞ知るアートの島になったらしいです。
民家の窓にもちょっとしたアートがあったりで、
町中に作品が散らばってました。

ぶっちゃけ、アートの事には疎いんですが、
知識なんかなくても充分楽しめました。
おれは友達がいないから孤高の狼だから
一人で行ったわけですが。
やっぱ、芸術に興味のある女の子はいいですなぁ。

いや、決して、アート作品より
それを見てる女の子に心躍らせたりしてないです。はい。

そんなおれでもここにある→
http://reverent.org/
本物のアートかぱちものかのクイズで83%正解だったんだからね!
有名な作品か、安い家具かのやつなんて92%正解だったんだからね!

芸術を鑑賞するのに知識なんていらんのですよ、
理解するんじゃなくて、感じるんですよ!
その作品の年代とか派閥?によっていろいろ見方があるけど。

まぁ、大学の授業でアートの作品の見方をちょっとだけ習ったおれが言うけど、
おれにとってはアート作品を眺める女の子が一番のアートだったよ。

今日の言葉

それが遠回りだったとも、時間を無駄にしたとも
思っていません。

それらはすべて、自分という人間を見つめ、
自分がほんとうにやりたいことを知るために必要な経験だったと
いっていいでしょう。

(THE21、小暮真久)

写真をいくつか
P1000569.jpg
レンタルした自転車・ドヴォルザーク3号

P1000572.jpg
ビーチと黄色いかぼちゃ?

P1000579.jpg
安藤忠雄設計、Lee Ufanの個人美術館。

P1000583.jpg
ある民家の窓

P1000588.jpg
もう使われていない家をアートとして再生

P1000591.jpg
赤いかぼちゃ

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。