FC2ブログ

4/15 summery

たまにベビーシッターをやってるという事は何度も書いたと思います。
まぁ、その子も日本でいう小学校4年生なんで、
ベビーシッターというより世話役?という感じで、
勉強を教えたりもしています。

今日の国語の問題で、
「60文字以内で文章の内容をまとめよ」という
僕が小学校の時にも苦手だった問題がありました。
その子も苦戦してまして、おれもあたふたしながら教えてましたら、
この問題の法則というか式みたいなのを
思いついたわけです。

「どういうだれだれ(物)が、何をどういう風に行い、その結果どうなったのか」
(どういうだれだれ(物)が、何をどういう風にするので、そういう結果・効用があります)

まぁ、なんとなく気にせずともこう言う感じでみんな既にやってると思うけど
映画、小説、小論、歴史上の出来事とかのあらすじ、まとめを述べるとき
これを頭に入れてるといいかも。

例えば、本能寺の変のまとめ。

織田信長の家臣である明智光秀が(主人公)、
本能寺を奇襲して、主君である織田信長を殺害し(行動)、
もう天下統一間近と言われた織田家は崩壊するが、
同じく織田信長の家臣である羽柴秀吉(豊臣秀吉)が台頭するきっかけともなった(結果)出来事。

なんという分かりやすいまとめなんだろうか。
詳しく書きたいときも、これを軸にして書けばやりやすいんじゃなかろうかと。
小論文とかのまとめだと筆者→主張→結論になるね。


みんな意識せずともやってると思うけど、
そういう風にやっているという認識は大切だと思うんだ。
・・・まぁ、みんなわかってるか。。。


今日の言葉

自分の才能を自分のために使うということは、
所詮、自分のキャパシティを
超えられないということだ。

(N のために、湊かなえ)
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。