FC2ブログ

4/10 The cove

the_cove_poster_main_a.png

”各国で絶賛”されている、
日本のイルカ漁に対するドキュメンタリー映画です。
まぁ、見もせずに批判するのもあれかと思ったんで。

僕のなかでドキュメンタリーって言うのは
ありあのままを写したものだと認識してますが、
映画って言うのはエンターテイメントの要素(演出、誇張など)が
必ず入ってきますので、
僕の認識では
映画という時点でドキュメンタリーではないです。
どっちにしてもみんなが認識している通り
プロパガンダ映画です。



一行で的確にこの映画を説明すると。
「我々が信じる正義のもとに、太地町で迷惑行為をしてきました。」
怒鳴ってる現地の日本人がまるで正義に反する悪者のように映されていたけど、
あれだけ毎日迷惑行為を繰り返されりゃそりゃ怒るよwww

関係ないけど、築地の市場で観光客が出入り禁止?の件でも
外国にいっても自分の価値観、自分の文化の価値観で
物事を決めるのがよく分かる。
ある程度は仕方がないし、それはぼくも気をつけないといけない。

いっぱいあるなかで一つ言いたいのは、
映画の中で「イルカ漁(鯨漁)は伝統だと言ってるけど、日本人の殆どは関心がないじゃないか」
って主張して、東京で一般市民にインタヴューして「ほらね?」ってやってたんだけど、
まず日本の文化の多様性、地域に根付いた文化というのを理解してない。

分かりやすいのは、方言とか。青森弁は青森の文化、伝統と言えると思うけど、
日本の大半の人は理解できないし興味もないでしょ。
名古屋の結婚式が少し特殊な事も知らない人多いと思うし、
岡山のままかり寿司とかもわからんでしょう。

つまり、日本じゃ「伝統」=日本中みんなが知ってる、興味があることって訳じゃないんですよ。
だから太地町の事について東京の人に「これ日本の伝統ですか?」って聞いても
なんの意味もない。

これ一点を見ても、浅はかさ、この映画の説得力のなさが分かると思います。


まぁ、シー・シェパードもそうだけど
アメリカ人(白人)が正義の元であれば何をしてもいいと思っている
っていうのが見れたのは面白かった。
イラク戦争でまんまとそれが利用されけどねぇ。

いままで散々他の文化を破壊してきた白人の歴史から
彼らは何も学んでないですよね?
歴史を学ぶって大事だなぁと思います。
それはおれにも日本人にも言えることですけど。

ぶちゃっけ、イルカ漁がどうなろうがしったこっちゃないけど、
白人の傲慢にただ従う訳にはいかないですよね。

小林よしのりの戦争論シリーズでサダム・フセインが
アメリカにこの国をめちゃくちゃにされるのを私は黙って見ていられない
みたいなことを言ったって紹介されてたのを思い出した。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。