FC2ブログ

3/10 銭ゲバ 2周目

銭ゲバ2周目を見終わって、
大事なことを見逃していることに気がついた。

風太郎が死んだあとに、
風太郎の援助によって借金が返せた定食屋と
移植手術が成功した元刑事の家族がでるところがあるんだけど、

最初見たときは風太郎も本当はいい人なのにって言いたいんだな
って思ってたけど、それよりも大事な意味があるんじゃないかなと。

風太郎は最後に幸せはお金で作られるものじゃないって気付くけど、
それはもう遅すぎて。。。ってぼくは解釈したけど、
それで終わってしまうと、幸せになるのにお金はいらないんだ!
って単純な理論?考え?で終わってしまう。

定食屋と元刑事の家族のシーンを加えることによって、
お金(風太郎の援助)によって幸せになることもある
と言いたいのではないかと2回目を見て思った。恥ずかしながら。

ただ風太郎と定食屋・元刑事の家族には違いがあって
風太郎は金自体を欲し、金があれば幸せになれると信じてたけど、
後者は借金を返すため・移植手術を受けるためにお金が必要であっただけで
お金自体が欲しかったわけではない。

お金は幸せを生み出さないけど、
幸せを守るにはお金が必要になることもあるってこと?
今の世の中はどう足掻いてもお金を基準として回ってるから
どうしてもお金に翻弄されてしまう事もあるけど、
心(愛)があれば。。。
でも、心だけじゃ乗り越えられないこともあるし、
お金だけじゃ乗り越えられないこともあるよ。かな?

世の中白黒はっきりできないことの方が多いよね。

まぁ、一番大切なのは
こういう事(普段意識しないけど、大切なこと)について考えることだと
風太郎は最後に言ったんじゃないかなと思う。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。