2/10 銭ゲバ 

今日、朝から晩までずっと雪が降ってます。しかも、結構な量。
学校にいったら人が極端に少ない。
「おれのクラスも一つキャンセルになったけど、なぜこんなに少ない・・・」
と思ってたら全クラスキャンセルになってた。

銭ゲバ最後まで見た。
最終回最初っから最後まで泣いてたわ。

おれなりの解釈ですが。

金持ちになれば幸せになれると信じて何でもやってきた主人公。
お金持ちになれば何かが変わると信じてきた。
自分にも心暖まる幸せが来るのではないかと。
しかし、お金持ちになった彼を待っていたのはさらなる孤独でしか無かった。
どこにも幸せはなかった。
それで死を決意する。

とうとう死ぬという時になって、
あそこで違う結果になっていれば、違った人生が
あったのではないか幸せな人生が、と考えている内に
幸せはお金で作られるものではないと気づく。
自分は間違っていたと。

もう一度生きたい。やり直したいと思ったときは
もう遅かったけれど。

その理想と真逆の現実。
誰よりもただ普通の幸せを望んでいた彼が
何故こんな事に、、、


凄く悲しい話だった。
心に残る作品になったわ。
それで、世間一般ではどういう評価なんだろうかとネットを見ていると
こんなバカな記事を発見。
http://news.livedoor.com/article/detail/4064914/

「「想像の世界」=「普通の幸せ」を見せたかったのか、“どこで歯車が違ってしまったのか。”という後悔なのか、懺悔なのか、主人公の気持ちも伝わらずメッセージもへったくれもありゃしない。こういった「相手に気持ちを伝える事がヘタクソな若者」が増えると、自暴自棄な犯罪が増えてしまう事だけは何となくわかった。それだけだ。」

このババァは何も分かっていない。
主人公がここまでして欲しかったのはごく普通の幸せ、
他の人が特に意識しなくても持っている幸せなのに
何故彼はここまでひどい事になってしまったのかというのを
表すための対比なのに。
主人公がやっと本当の幸せはなんなのか気づく大事な場面なのに。
少なくとも、決して「無理やり」明るい場面を入れた訳では無いのは明白。

いや、おれが色眼鏡で見すぎたんかなぁとも思ったよ。
でも、どうやらこのババァの評判は良くないらしい。
なんで、こんな感じることをできないババァが
プロ気取りで記事を書いているんだと腹が立つ。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。