12/31 movies this year

以前ここに書いたのとは別に今年見た映画をいくつか。
どうやら今年は日本映画ばっか見てたようです。

①どん底 by勅使河原宏 1962



人違いで殺されて幽霊になった人の話。不思議な世界観でした。
白いスーツの殺し屋として若き日の田中邦衛さんがでてます。

②Full Metal Jacket (フルメタルジャケット)BY Stanley Kubrick 1987



伝説の教官がでている映画。
笑う犬でウッチャンがパロディをやってました。
映画好きなら見るべき映画。



③切腹 BY 小林正樹 1962



日本が世界に誇る映画監督の一人。
役目を失った侍が、人生の意味を社会の理不尽さを問う。

ほんとね、50ー60年代の日本映画は素晴らしいと思う。

④The Usual Suspect



ほんとね、ケヴィン・スペイシーが演技上手いんよなぁ。
これはおれが今年びっくりした映画ベスト3に入るよ。

⑤白痴 by 黒澤明 1951



純粋に生きるとは、どういうことか教えてくれる映画。
是非リメイクして欲しいもんだけど、誰もできないかなぁ。

⑥悪い奴ほどよく眠る BY 黒澤明 1960



今年見た後にやり切れない気持ちになった映画第一位。
始めの結婚式のシーンでの対比、祝い事の水面下で展開する怪しい動き。
ゴッドファザーの監督、フランシス・フォード・コッポラが真似た事で有名。
これは本当に、今見てもおもしろい。

⑦赤ひげ by黒澤明 1965



黒澤さんは、漫画界で言うところの手塚治虫さんみたいなもので、
今見ても考えさせるものがありますね。

⑧ビルマの竪琴 by市川崑 1956



これもウッチャンがパロディしてた。

⑨壬生義士伝 by滝田洋二郎 2003



まぁ、映画もいんですけど、この小説がやばい。
これの小説は絶対読むべき。


続くかも。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。