FC2ブログ

8/17 ガリレオ

東野圭吾さんの「容疑者Xの献身」という小説を読みました。
日本でドラマになったガリレオシリーズの3作目で
映画にもなったらしいですね。

まぁ、それなりにおもしろかったです。
さすがドラマになるだけあるなぁと思いました。
正直ほかの白夜行とか手紙・片思いの方がおもしろかったけど。

それでちょっくらドラマを見てみたんですけど、
なんで女刑事(柴崎コウ)が出てるんだ?とまず思い。
(あと吉本のお笑い芸人)
しかも、その女刑事の行動がまったく現実的じゃなく、
だれが指導してんのか知らんけど、演技が大げさ。
バトルロワイアルの時の方がよっぽどよかった。
湯川(主役・ガリレオ)のキャラクター設定もおかしい。

と言うわけで一話の10分ぐらい見て、見るの止めようと思ったけど
ちょっともう一回見てきます。

・・・
・・・
・・・・
なんという脚本のセンス・・・
こんなドラマが人気なんて・・・おれがおかしいのか?・・・
その人気でこの程度ならいったい他のドラマはどないになっているんだろうか?

「川シリーズのドラマ化はプロデューサーの鈴木吉弘が
着想から実現までに4年掛けた企画でもある」 from Wiki

な、なんだって!?・・・・

映画は堤真一さんがでてるから見よかな。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。